血糖コントロール

 血糖値が高く「糖尿病」と診断された場合、選択肢は大きく分けて3つあります。ひとつは、食事と運動だけによる血糖コントロールです。もうひとつは経口薬併用による血糖コントロールです。そして、もうひとつはインスリン療法です。

 

 状況によって変わってきますが、本サイトでは「食事と運動」がまず初めに取り組むべきことではと考えています。以下、その内容を具体的に紹介していきます。

食事療法の難しさ

 食事と運動で血糖コントロールをおこなおうという場合、最初のステップとしてどうしても必要になるのが、食べすぎを改めることです。というのも、消費するカロリー以上を摂取したことが脂肪細胞の増加を招き、高血糖症の第一の原因となるからです。しかし、いうのは簡単ですが、今まで過食を続けてきた人にとって、これを改めるのはそうやさしいことではありません。過食を改めることは、食欲との闘いです。糖尿病の一番の症状は「食欲」ではないでしょうか?

 

 なぜ糖尿病になると食欲が旺盛になるのでしようか。ひとつは脂肪の蓄積により代謝バランスが崩れ、インスリン抵抗性が増すと、血液中に使われなかったインスリンがだぶつくようになるからです。その血液中のインスリンは食欲を増進させますから、インスリン抵抗性があると、食欲もそれだけ旺盛になるのです。そして、食べることでまた血糖値が上がり、インスリンの分泌が増えるという悪循環に陥ります。
 まずは最初にしっかりカロリーコントロールをして、この悪循環を断ち切らなければなりません。今までより食事の量を少なくすると、最初は空腹感を強く感じますが、2?3週間もすれば食欲や空腹感をそれほど感じなくなります。
 空腹感は、血糖値が下がると脳の空腹中枢が刺激されて感じるのですが、これは血糖の絶対値を感じているのではなく、高低差を感じているようです。正常の人なら血糖値が60mgに下がると空腹感を持ちます。しかし、糖尿病の疑いがある方は血糖値が高めですから、60mg未満でも空腹を感じます。つまり、もともと高い状態から少しでも血糖値が下がると空腹を感じるので、食事療法のコツとしては空腹感を感じてもすぐ食べずに1〜2時間程度我慢することが必要です。この最初の空腹感を克服できれば、おそらく胃が小さくなるということもあるのでしょう。あとはそれほど空腹感を感じなくなります。

 

 とにかく最初が肝心です。最初の食欲の誘惑をうまく乗り切れば、あとは食事の量を減らしたカロリーコントロールはそれほど難しくありません。数週間、数力月と慣れるにしたがって、むしろ空腹感を楽しめるようになり健康状態が戻ってくるので爽快感が出てきます。

 

糖尿病と薬投与による怖さ

 逆に、薬を飲んでいたらどうなるでしようか。最初は苦痛がなく、薬を飲むことでしばらくは今までと同じような食生活が送れるかもしれません。おいしいものをもうしばらく腹いつばい食べられるかもしれませんが、その裏でじわじわと合併症が進行しているとしたら、その状態は長くは続きません。後にはもつときつい食事制限やインスリン注射が待って食事と運動をしつかりやる場合は、逆に最初は少々苦しいかもしれませんが、それはじきに乗り越えられます。そうすると、あとは爽快感をともなって生活していくことができます。健康な状態を日々取り返すことができるでしよう。
 とにかく、明るい未来が待っているという希望のもとに、決意を持って始めることが大事です。薬を飲もうかどうしようか迷っているような人はとくに、経口薬で当面しのげるという考え方を捨てて、真剣に、希望を持って食事と運動に正面から取り組みましょう。

 

関連記事

ヘモグロビンA1Cのコントロール
薬に頼らないで糖尿病と付き合う上で重要になるのがヘモグロビンA1Cという数値です。将来の合併症を予防するためにも定期的に測定して数値を確認することがうまく糖尿病と付き合う一つの方法です。

 

 

 

 

有酸素運動が効果的な訳
血糖値を下げるための運動といっても闇雲に運動しても意味がありません。最も効果的な運動に有酸素運動があります。ではこの有酸素運動なにがいいのでしょうか?

 

糖尿病の注目商品記事

糖尿病の治療費が大幅に削減できる!

モニター参加の特典
1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます
2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬
3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら




自宅で出来る糖尿病検査

メディチェケの糖尿病検査とは
糖尿病を確認する上で特に重要な12項目に焦点を当てて検査します。(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値等)さらにこの12項目に加えてHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。検査は6700円から実施できます。



PRサイト