有酸素運動が体脂肪を燃焼させる

 運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動というのは、ウォーキングやジョギング、水泳など、ゆったりとした呼吸をしながら、一定の時間体を動かす運動です。それに対して無酸素運動というのは、腕立て伏せや100メートルダッシュのように、短時間に急激に体を動かす運動です。

 

 体脂肪を燃焼させる、カロリーを消費させる運動には、有酸素運動が向いています。それというのも、運動を始めてしばらくは、筋肉に蓄えられているグリコーゲン(糖質)がエネルギーとして使われ、すぐに脂肪が燃料になるわけではありません。運動を始めて20分ほどすると筋肉のグリコーゲンがすべて消費されるので、それから燃料として脂肪が使われるようになります。つまり、体を動かし始めてから、20分くらいして脂肪が使われるので、運動を20分以上継続することが、内臓肥満を解消するコツになるのです。

 

関連記事

 

糖尿病の注目商品記事

糖尿病の治療費が大幅に削減できる!

モニター参加の特典
1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます
2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬
3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら




自宅で出来る糖尿病検査

メディチェケの糖尿病検査とは
糖尿病を確認する上で特に重要な12項目に焦点を当てて検査します。(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値等)さらにこの12項目に加えてHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。検査は6700円から実施できます。



PRサイト