糖尿病判定区分

 糖尿病の原因は、ブドウ糖の代謝異常にあり高血糖がその後に現れる合併症に関係があると解ったのはごく最近のことです。そして今では、予防的観点から高血糖値を一つの重要な指標とされています。では、糖尿病はどの段階から糖尿病と診断されるのでしょうか?

 

 検査にはいくつか方法があります。一般的に行われているのは空腹時の血糖値をはかる方法です。下記の図を参照してください。

空腹時 負荷試験2hr 判定
血糖値 126mg/dl以上 200mg/dl以上 糖尿病型
血糖値 110-126mg/dl 140-200mg/dl 予備軍
血糖値 110mg/dl未満 140mg/dl 正常

 空腹時の血糖値が126mg/dl以上、75gブドウ糖負荷試験の2時間後値が200mg/dl以上、随時血糖値が200mg/dl以上のいずれかが、別の日に行った検査で2回以上確認できれぱ糖尿病と診断されます。血糖値がこれらの基準を超えても1回のだけの場合は糖尿病型と呼ばれます。
 空腹時試験、負荷時試験において中間値である場合は、境界型と呼ばれ糖尿病予備軍とされます。

 

ブドウ糖負荷試験とは、絶食状態でブドウ糖を飲み、一定時間(30-60分毎)の血糖値を調べます。ブドウ糖を飲むと血糖が高くなり、すい臓のB細胞からインスリンが分泌されます。そのインスリン作用によって、血糖値が時間的にどう変動するかを調べるのです。飲むブドウ糖の量が75gの負荷試験が一般的です。

 

糖尿病の診断

 日をおいて2度、上記に書かれている試験のどちらかをおこない、空腹時血糖値が2度とも126ミリグラム以上か、あるいは糖負荷試験、または随時血糖値が200ミリグラム以上の場合、医師は「糖尿病」と診断して、薬を処方してよいことになっています。

 

 また、1度の検査で、経口薬が処方される場合もあります。それは、空腹時血糖値が126ミリグラム以上に加えて、喉が乾く、疲れやすい、多尿などの自覚症状がある場合で一す。また、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値が6.5%以上の場合や、タンパク質が燃料として使われた場合に残るケトン体という物質が尿中に検出された場合も、1度の検査で経口薬を処方してよいことになっています。

 

糖尿病の注目商品記事

糖尿病の治療費が大幅に削減できる!

モニター参加の特典
1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます
2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬
3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら




自宅で出来る糖尿病検査

メディチェケの糖尿病検査とは
糖尿病を確認する上で特に重要な12項目に焦点を当てて検査します。(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値等)さらにこの12項目に加えてHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。検査は6700円から実施できます。



PRサイト