糖尿病と食事の注意点

糖尿病かもしれないと思って怖くなると、TVや雑誌で取り上げられいる「糖尿病によい」とか「血糖値を下げる」などと言われるものは、なんでも手当たりしだいに食べようとする人がいます。しかし、それだけで糖尿病が治るほど単純ではありません。

 

たとえば、ハチミツ、オリーブオイル、ヨーグルトなどが良い例で上げられますが、確かにどれも健康にいい食品です。しかし、これらばかり多くとり過ぎると問題があります。食品に含まれる栄養素に着目してバランスよくとらないと糖分や脂肪分が多くなり結果、肥満につながり、血糖値を下げるどころか上げてしまう場合もあります。

 

ココア、ピーナッツ、豆腐、納豆などについても、「糖尿病によい食品だと聞きましたが、たくさん食べ方がいいでしょうか?」という疑問に思っている人も多くいます。これらは予想以上にカロリーの高い食品ですので、少量ずつ食事のなかに取り人れるならば問題はありませんが、多くとり過ぎると過剰カロリーなるので注意が必要です。単純に「糖尿病によい食品」だけに頼るのは間違いです。

 

糖尿病を甘く見ない!

糖尿病は、初期症状がない病気として有名です。ゆえに、糖尿病に気づくのは定期健康診断の検査結果などが大半です。しっかり定期的に健康診断を受けて、血糖値の異常を早く発見することが非常に大切です。できれば、半年に一回は健康診断を受けるようにしましょう。

 

糖尿病は甘く見ると恐ろしい病気です。高血糖に加えて、高コレステロール、喫煙歴、肥満が重なると、動脈硬化も進んでいると考えられ、脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気を併発するリスクも高まります。特にコレステロールや中性脂肪が高い「脂質異常症」と呼ばれる方は、動脈硬化や心筋梗塞などを誘発しやすいので注意が必要です。(コレステロールと動脈硬化の原因

 

糖尿病の注目商品記事

糖尿病の治療費が大幅に削減できる!

モニター参加の特典
1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます
2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬
3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら




自宅で出来る糖尿病検査

メディチェケの糖尿病検査とは
糖尿病を確認する上で特に重要な12項目に焦点を当てて検査します。(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値等)さらにこの12項目に加えてHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。検査は6700円から実施できます。



PRサイト