ストレスと糖尿病

 血糖値を上昇させるものに糖質コルチンコイドやアドレナリンなどのホルモンがあり、これらはストレスによって作られます。ストレスが一時的に血糖値を跳ね上げることがあるのです。そしてストレスが恒常化すると、高血糖も恒常化し、それがインスリン分泌を高め、すい臓に無理な負担をかけて、ついには本格的な糖尿病と診断される悪循環に陥るのです。

 

 実際に、糖尿病を発症するときには転勤や引っ越し、転職など、ストレスがかかる状況で起きることが多くあります。普段あまり意識していなくても、ストレスは無視できないと思っています。

 

 ストレスは血糖値を上げるホルモンを分泌します。ですから、過食、運動不足の素地があり、血糖値が普段から高めのところに、ストレスがかかることで一気にすい臓の負担を高めてしまうということがあるのです。ストレスの多い生活で高血糖を指摘された場合は、まずはストレスの解消を目指すと、それだけで血糖値が下がる場合もあります。食事と運動、さらにストレスをうまく乗り切る工夫で生活習慣を切り替えていくことが大切です。

 

ストレスの開放には心のゆとりを持つことがとても大事です。忙しい日常から一歩引いて人生の価値を見つめなおすのもいいでしょう。

 

糖尿病の注目商品記事

糖尿病の治療費が大幅に削減できる!

モニター参加の特典
1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます
2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬
3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら




自宅で出来る糖尿病検査

メディチェケの糖尿病検査とは
糖尿病を確認する上で特に重要な12項目に焦点を当てて検査します。(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値等)さらにこの12項目に加えてHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。検査は6700円から実施できます。



笑いの時間が重要

人は普通、自分が意識していることだけが自分の体のすべてだと思っていますが、じつは「意識」の下にはもうひとつ「意識下」の世界があって、さらにその下には「本能」あるいは「超意識」と呼ばれる延髄機能のようなものが存在し、それが意識の土台になっています。

 

 意識下の世界は視床下部や、大脳辺縁系が対応しています。そこから神経内分泌系のホルモンであるセロトニンやGABAなど、いろいろな神経の活性をコントロールするホルモンを出しています。そして下垂体をコント口ールして、ストレスに反応するホルモンや免疫力などとも密接に絡んでいます。

 

人は普通、自分が意識していることだけが自分の体のすべてだと思っていますが、じつは「意識」の下にはもうひとつ「意識下」の世界があって、さらにその下には「本能」あるいは「超意識」と呼ばれる延髄機能のようなものが存在し、それが意識の土台になっています。
 意識下の世界は視床下部や、大脳辺縁系が対応しています。そこから神経内分泌系のホルモンであるセロトニンやGABAなど、いろいろな神経の活性をコントロールするホルモンを出しています。そして下垂体をコント口ールして、ストレスに反応するホルモンや免疫力などとも密接に絡んでいます。

 

 はるか昔、人間の心は心臓にあると考えられていました。近代に入りそれは、悩にあると考えるように変わりました。今はさらに進んで、人間の心は脳を中心としながらも意識下の世界を加えるとやはり全身にある、という考えに変わつてきています。

 

 私たちは心の持ち方を考える場合に、意識している部分でもって意識下もコントロールするという発想が大事になるわけです。そうすることが、全身の健康とも密接に関わってくるのです。

PRサイト