タンパク質、脂質中心の食事療法の問題点

糖尿病の食事療法において、肉類などのタンパク質中心の食事を取るという治療方法がありました。これは血糖値を上げないからという理由でした。現在でもタンパク質と脂質中心とした主食の穀物を摂取しない食事療法を推奨して場合があるようですが、当サイトではお勧めしておりません。

 

そもそもインスリンが発見前は「血糖値を上げないために脂肪を摂取する」治療法を推奨する時代がありました。しかし、現在ではその根拠が見当たりません。それというのも、脂質は高カロリーで体内でも脂肪として蓄積されやすく、内臓肥満の解消にならないからです。また、タンパク質は体内でアミノ酸に分解されて、それがエネルギーを生み出すTCAサイクルに入ります。その際に、余分な窒素がアンモニアに分解されて尿素となり、尿に排出されるので腎臓に負担がかかります。

 

タンパク質や脂質の過剰摂取は、消化液を出す外分泌腺としてのすい臓の負担を増やす可能性があります。穀物は血糖値を上げますが、最終的に二酸化炭素と水に分解されるクリーンなエネルギーです。二酸化炭素は呼吸で肺から、水分は尿として排出されます。

 

主食を糖質でとることにより、結果的にすい臓負担を少なくするという研究報告もあります。現在の糖尿病治療では、主食はしっかりと穀物でとることがお良いとされています。たしかに食べすぎるのはよくありませんが、活動のエネルギ?は主食の穀物が良いでしょう。なるべくなら精白米より、血糖値の上昇の遅い玄米か胚芽米などに換えるのが望ましいといえます。

 

栄養士が作るバランスの取れた食事を通販できる!

糖尿病食

「糖尿病食」とは簡単に言うとバランスの取れた食事のことです。

糖尿病における食事療法は、食べてはいけない食材はありませんが、エネルギー量が一番の問題です。しかもバランスの良くてカロリーを抑えた食事を作るのは、なかなか大変です。そこで便利なのが「糖尿病食」の宅配サービスです。

特に美健倶楽部問いうサイトで販売している、「糖尿病食」はカロリー400kcalでバランスの取れた理想的な食事を定期的に届けてくれるから、高齢者をはじめ単身者などには非常に便利なサービスです。

糖尿病食



糖尿病の注目商品記事

糖尿病の治療費が大幅に削減できる!

モニター参加の特典
1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます
2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬
3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら




自宅で出来る糖尿病検査

メディチェケの糖尿病検査とは
糖尿病を確認する上で特に重要な12項目に焦点を当てて検査します。(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値等)さらにこの12項目に加えてHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。検査は6700円から実施できます。



PRサイト